【コラム】新型コロナウィルスとテレワーク①

新型コロナウィルスとテレワークについて

普段から労働問題について顧問弁護士である浜ちゃんに相談しているK社のY社長,

新型コロナウィルスの感染が広がる中,何らかの対策が必要だと考えて浜ちゃんに相談しています。

浜ちゃん先生

「お世話になります。コロナウィルスの件,貴社への影響どうですか?」

Y社長

「当社には直接の影響は小さいのですが,感染防止のために在宅勤務を導入しようと思っています。今は情報通信機器もありますから在宅勤務の導入も可能だと思いますし・・・」

 

浜ちゃん先生

「テレワークの導入を考えているということですね。」

 

Y社長

「はい。そこでテレワーク導入に向けて有益な情報はないかと思って相談に伺

った次第です。」

浜ちゃん先生

「テレワークってどんな種類があるのか知っていますか?」

 

Y社長

「在宅勤務だけじゃないんですか?」

 

浜ちゃん先生

「在宅勤務以外にもサテライトオフィス勤務,モバイル勤務といった勤務形態もテレワークに分類されます。」

 

Y社長

「サテライトオフィス勤務ってどのような働き方ですか?」

 

浜ちゃん先生

「自宅近くや通勤途中の場所等に設けられたサテライトオフィスでの勤務です。通勤時間を短縮しつつ,在宅勤務やモバイル勤務以上に作業環境の整った場所で就労可能な働き方です。」

 

Y社長

「モバイル勤務はどのような働き方ですか?」

 

浜ちゃん先生

「労働者が自由に働く場所を選択できる,外勤における移動時間を利用できる等,働く場所を柔軟に運用することによって,業務の効率化を図ることが可能な働き方です。」

 

Y社長

「テレワークといっても色々な働き方があるんですね~。そういった情報をまとめたものってないんですかね?」

 

浜ちゃん先生

「厚生労働省のテレワーク総合ポータルサイト(https://telework.mhlw.go.jp/)をご存知ですか?」

 

Y社長

「それは一体何ですか?」

浜ちゃん先生

「厚生労働省がテレワークに関連する情報を一元化したサイトです。」

 

Y社長

「そこにはどのような情報が載っているのですか?」

 

浜ちゃん先生

「テレワークに関する相談窓口,企業のテレワーク導入事例の紹介などがされています。テレワークの導入・活用に向けた各種の情報が掲載されているので有益だと思います。」

 

Y社長

「テレワーク導入にあたっての法的な問題は先生に聞けばよいと思うのですが,それ以外の情報については,そのポータルサイトを利用するというのも手ですね。そのサイトに載っている相談窓口について教えてください。」

 

浜ちゃん先生

「テレワーク導入に当たっての相談についてはテレワーク相談センターという窓口があるようです。」

 

Y社長

「電話番号やメールアドレスを教えてください。」

 

浜ちゃん先生

「テレワーク相談センターの電話番号は0120-91-6479,メールアドレスは sodan@japan-telework.or.jp です。」

 

Y社長

「テレワークを導入した際にも労働基準法等の関係した法律は適用されるという理解でいいですか?」

 

浜ちゃん先生

「そうですね。しかしテレワークの場合,労働者が通常の勤務と異なる環境で仕事をすることになりますから,労働時間管理などに留意していただく必要があります。」

 

Y社長

「それじゃあ次回はテレワークを導入した場合の労働時間管理等の留意点を教えてください。」

 

今回触れたテレワークに限らず労務管理について社労士の先生に加えて弁護士を顧問として委任することにより労使の紛争予防につながると思いますので興味をお持ちの事業者の皆様,お気軽にご相談ください。