EAPとは

EAPとは

Employee Assistance Programの略であり,従業員支援プログラムと訳されています。

これはその名の通り、貴社の従業員のみなさまを支援することを通じて、企業活動の繁栄を応援するサービスです。

米国で発祥し、世界的に普及しているものであり、以下の2点を援助するために作られた職場を基盤としたプログラムです。
1.職場組織が生産性に関連する問題を提議する。
2.社員であるクライアントが健康、結婚、家族、家計、アルコール、ドラッグ、法律、情緒、ストレス等の仕事上のパフォーマンスに影響を与えうる個人的問題を見つけ、解決する。
(国際EAP学会によるEAPの定義より)

言い換えれば、会社が、従業員の生産性を向上させるために、従業員個々人のプライベートな問題解決に協力するというものです。

昨今は、セクハラ・パワハラ・マタハラ等々のハラスメントに関する法制度が整備されておりますし、これまで以上に職場環境の整備や従業員支援の重要性が高まっています。職場環境や従業員の働きやすさが従業員の定着率に影響を与えるためです。

そして会社において従業員が定着するかどうかは「従業員を採用できるか」からスタートしますが,それは「従業員がもたらす生産性」にも影響を与えます。採用した従業員が成長すると生産性が向上しますし,その従業員が会社に定着すれば高い生産性が維持できます。

また従業員の定着には職場環境や従業員の働きやすさはもちろん,従業員個々人のプライベートな問題が影響していることがわかってきています。従業員個々人がプライベートな問題を抱えていることが従業員の生産性低下につながったり,離職につながったりするのです。



法律事務所によるEAPを活用することで従業員のプライベートな問題(離婚、相続、交通事故、借金、近隣問題、学校問題等)の解決に会社が手を差し伸べることができますし,従業員のプライベートな問題の解決は従業員の生産性向上にもつながります。


これからの「人」を中心とした経営において、EAPの重要性が今、注目されています。