弁護士にご自身やご家族の借金問題をご相談いただいた場合

身近にある借金・債務整理の問題

借金問題は、いろいろな事情で発生します。

弊所が今までに会社従業員の方の借金問題のご相談をさせていただいた際は、よく以下のような相談を受けてまいりました。

男性従業員の借金相談
・ギャンブル(パチンコ、競馬など)をなかなかやめられず借金を重ねたが、とても返せない額に膨れ上がっている
・知人の保証人になり、肩代わりできるだけの財力がなく悩んでいる
・返済は苦しいが、今の家だけはどうしても手放したくない など

女性従業員の借金相談
・夫がリストラされ、収入が途絶えているため借金をして生活をしている
・養育費の足しにするために借金をしたが、返済が厳しい
・家族に内緒でカード決済での買い物を繰り返してしまい返済が厳しい など


借金の問題はなぜ会社への業務に影響を及ぼすのか

借金問題が発生すると、場合によっては取り立ての電話がかかってきたり、自宅まで貸金の回収に来たりと、精神的にもつらく、苦しい状況におかれます。
もちろん、そのような状況下ですと、普段の仕事の業務にも集中することができず、日々の業務に支障をきたすことは間違いありません。


借金について理解すべきこと、弁護士にできること

お金の問題では、やはり他人に知られたくない、といった理由からなかなか相談できない方も多いと聞きますが、悩んでいるだけでは借金の問題は解決しません。
借金のきっかけは人それぞれですが、自分のためというよりは、子どもや家族、友人のために借金をすることも多くあります。
 
従業員の方がそうしたお悩みを抱えたまま仕事をするのは、業務への集中力を切らしてしまうことにも繋がりますので、従業員にとっても会社にとっても早めに解決をした方が良いと考えます。

債務整理について正しい知識を持ち、借金の返済に追われる生活から脱却する為に、弁護士へ相談することをお勧めします。弁護士が業者と交渉することにより、返済額や返済期間を変更したり、将来利息をカットしたりすることができるケースもあります。



当事務所に相談するメリット

当事務所では、借金の相談、解決において、毎年100件以上の相談実績を有しております。また、秘密厳守で行いますので、ご安心してください。

EAPを活用し、借金問題で悩む方を減らし、従業員の心のモヤモヤがなく業務に集中できる環境を整えて、最終的に企業の価値を向上させるお手伝いをさせていただきたいと思います。