弁護士 濵田 諭(はまだ さとし)

企業経営者の皆様へメッセージ

当職は平成19年9月に弁護士登録しましたので平成29年9月に弁護士としてのキャリアは11年目に入りました。

 

年を追うごとに法人の案件が増えてきて顧問先も徐々に増えてきました。平成27年4月に現在の事務所に移籍してからも法人案件や顧問先が増えており中小企業法務が当職自身の業務の中心になりつつあります。

 

顧問弁護士としてのモットーは出来るだけ早く正確なアドバイスを提供すること、依頼された業務への着手と報告のスピード感・顧問弁護士がいることの安心を顧問先に感じて頂くことです。顧問業務として受けることが多いのは労務問題と不動産に関する問題です。

 

労務問題に興味があったことから平成26年12月に社労士としても登録して労務問題の最新情報の入手に務めております。また平成16年に1度登録して司法修習の際に1度抹消した宅地建物取引士の登録を平成27年に再度行い平成29年に不動産コンサルティング技能士試験に合格するなど不動産取引に関する知識をアップデートするよう努めております。

 

もう1つの当職の強みは信頼できる他士業や他業種とのネットワークを持っていることです。税理士、司法書士、不動産鑑定士、弁理士、社労士、土地家屋調査士のいずれの士業においても信頼できる先生方との個人的なつながりがあり弁護士以外の専門分野については当職がつないでご対応頂けます。また顧問先に宅建業の業界団体があることから信頼できる不動産業者に不動産の売買・賃貸借の仲介をお願いすることも可能です。

 

当職自身、法人のクライアント様、顧問先企業と共に成長していくことに喜びを感じておりますので、これからも多くの法人のクライアント様とのご縁や顧問のご依頼を頂けると幸いです。

 

略歴

宮崎市生まれ
宮崎県立宮崎西高等学校(理数科)卒業
早稲田大学法学部卒業
司法試験合格
最高裁判所司法研修所第60期司法修習修了(実務修習地:岡山)
弁護士登録
宮崎県弁護士会所属
濱田諭法律事務所を経て、みなみ総合法律事務所加入
みなみ総合法律事務所パートナー弁護士

活動・資格

社会保険労務士(宮崎県社会保険労務士会所属)
行政書士有資格者
宅地建物取引主任者有資格者
夫婦カウンセラー(一般財団法人日本能力開発推進協会認定)
労務調査士(日本経営税務法務研究会)
宮崎県弁護士会交通事故処理委員会前委員長

役職

平成20年 宮崎西ロータリークラブ
平成21年 宮崎市・男女共同参画社会作り審議会委員
平成21年 九州弁護士連合会消費者問題連絡協議会委員
平成22年 宮崎県弁護士会業務改革委員会委員長
平成24年 日本弁護士連合会中小企業法律支援センター委員
平成24年 宮崎市・自殺対策推進協議会実務者会議委員
平成25年 日本弁護士連合会弁護士業務改革委員会委員
平成27年 宮崎県弁護士会民事介入暴力対策委員会委員
平成27年 宮崎県弁護士会消費者問題委員会委員

講演・セミナー

平成20年7月 宮崎北地区暴力団追放事業所協議会での講演 (反社会的勢力からの不当要求に対する対処要領)
平成20年5月 全日本不動産協会宮崎県本部での講演 (犯罪収益移転防止法について)
平成21年5月 全日本不動産協会宮崎県本部での講演 (住宅瑕疵担保履行法について-本法制定に伴って宅建業者に必要となる対応を中心に)
平成21年7月 経営サポート塾セミナー(弁護士から見た社員のメンタルヘルス管理をめぐる法的リスク)
平成22年1月 全日本不動産協会宮崎県本部での講演 (消費者契約法を適用した裁判例から、あるべき不動産取引を考える・・・ケーススタディ事例を参考に)
平成23年1月 全日本不動産協会宮崎県本部での講演 (宅地建物取引に当たっての説明義務の再確認と今後の留意事項-近時の不動産登記法改正による新制度の説明を交えて)
平成23年11月 宮崎県社会保険労務士会での講演 (弁護士濵田諭のそこが知りたい!-合同労組からの団交対策と労働事件における和解の留意点)
平成24年5月 全日本不動産協会宮崎県本部での講演 (賃貸物件における現状回復特約等の有効性)
平成24年9月 宮崎県立宮崎大宮高校での職業に関する講演
平成25年8月 全日本不動産協会宮崎県本部での講演 (宅建業者が知っておくべく相続基本知識―被相続人の遺言が存在する場合と存在しない場合に分けて)
平成26年7月 日南地区事業所暴力追放協議会での講演 (暴力団排除条項の導入と有効性について)
活動
平成24年7月~平成25年6月 宮崎日日新聞社発行の生活情報誌Rioにてコラム「浜ちゃん、弁護士の仕事ってどうよ?」を1年間連載