債権回収

「取引先からの入金が滞っていて運転資金に困っている」

「執拗に請求しても理由をつけて債権の支払に応じてもらえない」

「債務者への債権回収のためのアプローチ方法がわからない」

 

債権の回収は、債権者が頭を悩ませる典型的な問題の一つです。企業活動においては、売掛金の未回収や取引先の入金遅れといったトラブルが日常的に発生しており、直接訪問をしても支払いに応じてもらえなかったり、話し合いにすら応じてもらえなかったりと、回収が困難なケースは多く存在します。

 

債権回収が困難なケースとは大きく以下の3つです。

 

①債務者の支払能力が欠如している場合

②債務者に悪意があって、意図的に支払われない場合

③債権者側に問題がある場合

 

当事務所では債務者の財務状況をふまえ、債権回収の可否判断やその方法やポイントなどをお伝えさせていただきます。債権回収は弁護士等の専門家に依頼するのが最適です。

 

弁護士に依頼するメリットとしては、例えば以下のようなものがあります。

 

ア 債務者との関係を踏まえた適切な回収方法を提案できる

任意交渉で債権回収を行うか、法的手続きを利用して債権回収を行うか、行うとしていずれが費用対効果があるのかを、依頼者の方からの資料等を踏まえご提案させていただくことができます。特に、上記①のケースでは、特に支払能力のない債務者からいかに回収を図るか否かが重要ですので、専門家に相談することは必須です。

 

イ 徹底した債権回収を行う姿勢を示すことができる

上記②のケースでは、債務者として少々滞納しても問題はないと甘く見られている場合も考えられます。その場合、弁護士からの請求する通知を送ることで、債務者に「支払わないと徹底的に回収を図る可能性がある」という姿勢を示すことができる。

 

ウ 迅速に回収することが見込める

上記の②のケースでは、「払えるのに払わない」状態であるため、徹底した回収姿勢を示すことで、迅速に回収できる可能性が高まります。

 

このように債権回収はより専門的なノウハウを要する分野であり、かつ弁護士に依頼することで、飛躍的に回収率が高まる可能性がありますので、まずはお気軽に当事務所までご相談ください。